当ブログ「美しい言葉」の一部をYouTubeの「風花未来チャンネル」で語っています。そのため、最近、YouTubeを見る機会が多いのです。

 

昨日見て、感心してしまったのがYouTube動画チャンネル「令和の虎」の司会である、岩井良明(いわい よしあき)氏の語りのうまさです。

 

岩井良明氏はかつての人気テレビ番組「マネーの虎」に出演していた、いわゆる「マネーの虎」でした。

 

あれから、長い年月が流れ、すっかり性格も丸くなっています。

 

変わったのは性格だけでなく、語り口です。

 

司会進行、インタビューが実にうまい。冷静で、全体を常に俯瞰していて、なおかつ、人間味あふれている。

 

これだけ、温かい話し言葉を自在にあやつれる人は、岩井良明氏のほかにはいないのではないか、と言いたいくらいなのです。

 

とにかく、語りにゆとりがある。そのゆとりは、岩井良明氏の懐の深さ、人間の幅が生み出しているのでしょうね。

 

私がYouTube動画を始めて気づいたのは、「書き言葉」と「話し言葉」はまるで違うということ。

 

長いこと文章を書いてきた私ですが、「話すこと」に関しては、ずぶの素人なのです。

 

いろんなYouTuberの喋り方に違和感を覚えていたので、これからは、岩井良明氏の司会進行・インタビューを「話し言葉」の使い方、「語り口調」のお手本として、学んでゆきたいと思っています。

 

岩井良明氏の語りの「速度」「リズム」「テンポ」「温度」「重量」、そして「ゆとり」は、実に参考になるのですね。

 

それにしても、意外なところで、師匠を見つけることができました。

 

これも、YouTubeという新しい文化のおかげでしょうか。

(Visited 27 times, 1 visits today)