エッセイ・評論

小川和久「日本人が知らない集団的自衛権」の感想

いまや流行語のようにさえなってしまっている「集団的自衛権」ですが、この言葉は実にわかりにくいのですね。

このわかりにくい「集団的自衛権」という言葉を、わかりやすく解説してくれている本があります。

それが軍事アナリストである小川和久の「日本人が知らない集団的自衛権」です。

私は電子書籍版で読んでいます⇒日本人が知らない集団的自衛権 (文春新書)

私は右でも左でもありません。右翼でも左翼でもないのです。そうしたイデオロギーとは関係なく、集団的自衛権、自衛隊、憲法、安保などという厄介な問題をクリアに説明してくれているのが、小川和久の「日本人が知らない集団的自衛権」なので、オススメです。

紙の本で読みたい方はこちらへ⇒【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本人が知らない集団的自衛権 [ 小川和久 ]

集団的自衛権の問題は、まず情緒的なことを排除しないと正確に把握できません。小川和久は、冷静かつ明晰に、数値を重視しながら、国防について語ってい点が貴重なのです。小川和久の意見に賛成するか反対するかは別にしても、必ず読んでおくべき「集団的自衛権」の関連本だと私は思っています。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP