山元加津子さんという人をご存じでしょうか。

 

およそ32年間、特別支援学校(旧・養護学校)につとめた方です。

 

愛称は「かっこちゃん」。

 

では、さっそく、山元加津子さんの著書「宇宙(そら)の約束」の中で紹介されている詩をご紹介しましょう。

 

宇宙にたくさん散らばっている

たくさんのつぶつぶは

約束のもとに集まって

海をつくり 山をつくり

花をつくり 人をつくる

約束は 目にも見えず

重さも持っていないけれど

風をそよがせ 雨を降らせ

ときには空を輝かせる

 

引用は以下の「1/4 の奇跡 (「強者」を救う「弱者」の話)」から。

 

 

山元加津子さんは、あふれんばかりの愛情で子供たちに接し、子供たちと山元加津子さんとの間で起きた出来事を、まるで夢のように、おとぎばなしのように、温かい物語として私たちに伝えてくれています。

 

その著書で、DVDで、講演会で、山元加津子さんワールドに浸れるごとに、深い感謝の気持ちが込み上げてくる不思議を、かみしめている人は多いのではないでしょうか。

 

ただ、まだ山元加津子さんの映画を見れていないことが残念ではありますが、私の心はもうすでにかなり満たされています(微笑)。

 

YouTubeにも、山元加津子さんの動画た多数アップされていますので、それらを視聴し、たっぷりと感じ入り、いろいろ考えてみてください。

 

山元加津子さんの紡ぎ出す物語は、いわば「究極の生命肯定」です。でも、そういう概念語は必要ありません。

 

すべては、だいじょうぶ。

 

あるがままに、そのままに、山元加津子さんの愛情物語を、素直に受け入れるだけで、充分なのです。

 

そうすると、今回ご紹介した詩の意味を、ご自身で想像(創造)できることでしょう。