風花未来が、優れた詩や美しい大和言葉など、日本語の力を再発見。Web文章の書き方講座も連載中。

menu

美しい言葉

トム・ハンクスとジュリア・ロバーツ共演の映画「幸せの教室」を見た感想。

今年最初に見た映画は「幸せの教室」。日本語吹き替え版です。日本語吹き替えが見たかったので、吹き替え版が多い、YouTubeでレンタル。

以前にも見たことがあるのですが、今回の方が余計に面白く感じられました。

その理由は……

ハッピーエンドだからです。

最近見た映画は、どれもこれも、非常に暗くて、気分が悪くなる作品ばかりでした。そのくせ、中身は浅いのです。

この「幸せの教室」は、久しぶりの楽しい映画でした。それだけでも、嬉しい。

「幸せの教室」は、2011年のアメリカ映画です。ジュリア・ロバーツはまだキレイだけれども、トム・ハンクスはけっこう老けてました。

トム・ハンクスは、主演のほか、監督・脚本も担当。傑作ではないでしょうけれど、充分に楽しめるので、好きな映画の一つとして私は評価します。

リストラされたトム・ハンクスは、大学で、スピーチの実践トレーニングをするクラスを選択したところ、そのクラスの講師がジュリア・ロバーツだったというわけ。

このスピーチの本番は、ラスト近くで行われ、トム・ハンクスのスピーチが素晴らしかった。

短い時間で面白くしゃべるという行為が、こんなにも創造的だとは……それが映画の最終需要シーンになってることも、この映画の魅力です。

名画とかではありませんが、全体に明るく、センスの良さを感じさせてくれ、しかも、ハッピーエンドの映画なので、オススメします。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ