TOYD」は、2002年3月からWOWOWでオンエアーされた、森淳一監督、石田未来主演によるサスペンス。映画だと思って鑑賞したのですが、テレビドラマだそうです。

 

森淳一監督の代表作といえば「ランドリー」ですが、「TOYD」はあまににも作風が違うのでビックリしてしまった。

 

まとまったレビューはできそうにないので、以下、感想を箇条書きにしてみることにする。

テーマは重いけれど、シャープなサスペンスの演出で、中だるみなく楽しめた。

 

スピーディで、少しもお説教くさく感じない。

 

森淳一監督の代表作「ランドリー」は現代的なアイテムを捨てたが、ここには逆に現代性がぎっしり詰まっている。いちいちは挙げないが、新聞の社会欄で見かける話題が多数はいっている。

 

人物の描き方が巧いし、鋭い。

 

家族の絆、刑事と心理捜査官の関係の描写力。

 

映像の美しさと切れの良さ。

 

ケータイで操作できるロボットのアイデアとデザイン。

 

すべて、感心させられた。

 

会話も切り詰められていて、効いている。

 

それにしても、「ランドリー」と、どうしてこんなに大きく作風が変わってしまったのか。

 

小道具の使い方。

 

固いのか柔らかいのかわからないお菓子(?)の効果。

 

巨大団地という場所の設定。

 

参った。レベルが相当に高い。

 

テーマと人物造形の相関性。巧いのは少年が犯人だということ、きっちり最初に出している点に注目。だから、人間をきっちり描くことができる。

 

役者の選び方、子役の使い方も秀逸。

 

技術論ぬきに、はらはらできる。ハリウッドより繊細で味のある演出は、素晴らしい。コンパクトな、小気味のいい仕上がりに拍手。

 

石田未来ファンも、必見。

 

「ランドリー」と「「TOYD」、なぜこれほどまでに作風が違うのか、結局はわからなかった。ただ、共通していることには気づいた。

 

それは、良い意味での映画としての青臭さだ。

(Visited 8 times, 1 visits today)