おそらくは、どんなに詩に興味のない人でも、高村光太郎の「レモン哀歌」はご存じだと思います。

 

「レモン哀歌」は、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」とともに、日本近代詩の中で、最も広く知られる詩ではないでしょうか。

 

そういえば、この二篇は、あまりにも有名すぎて、当ブログ「美しい言葉」でも取り上げたことがありませんでした。

 

もしも、高村光太郎の「レモン哀歌」がなかったら、日本近代詩は別のものになっていたと思います。

 

決して大げさではなく、ぽっかりと大きな穴が空いてしまう感じるがするでしょうね。

では、その「レモン哀歌」の全文を引用いたします。

 

レモン哀歌

 

そんなにもあなたはレモンを待つてゐた

かなしく白くあかるい死の床で

わたしの手からとつた一つのレモンを

あなたのきれいな歯ががりりと噛んだ

トパアズいろの香気が立つ

その数滴の天のものなるレモンの汁は
ぱつとあなたの意識を正常にした

あなたの青く澄んだ眼がかすかに笑ふ

わたしの手を握るあなたの力の健康さよ

あなたの咽喉のどに嵐はあるが

かういふ命の瀬戸ぎはに

智恵子はもとの智恵子となり

生涯の愛を一瞬にかたむけた

それからひと時

昔山巓さんてんでしたやうな深呼吸を一つして

あなたの機関はそれなり止まつた

写真の前に挿した桜の花かげに

すずしく光るレモンを今日も置かう

 

 

 

日本に限らず、世界を探しても、自分の妻に全身全霊の愛を注ぎ込み、その愛を詩にし、詩集を編んだ詩人はほとんどいないのではないでしょうか。

 

愛の死は本当に貴重です。なぜなら、本当に人を愛さなければ詩にできないから。

 

その上に、恋人に対する恋心を歌ったロマンチックな詩ではなく、妻への苛烈な、そして静謐な愛を、誰にも真似のできない光太郎ならではの形を生み出したことは、奇跡として言いようがありません。

 

しかもなお、妻の智恵子は結婚生活中に精神を病み、病んだ妻とともに生きるという、数奇な運命を全うしたのでした。

 

類まれな才能の持ち主であった高村光太郎ですが、智恵子なくしては、詩人として大輪を咲かせることはできなかったでしょう。

 

世界でも稀な愛の詩集「智恵子抄」、その中でも「レモン哀歌」では、光太郎が「死」とも向き合うことで、なお一層の高い結晶度を示しています。

 

日本近代詩には傑作が多いのですが、その中から一篇を選べと言われたら、私は宮沢賢治の「永訣の朝」か、高村光太郎の「レモン哀歌」を選ぶことでしょう。

 

⇒宮沢賢治の「永訣の朝」についてはこちらで語っております。