以前、このブログで映画「天使のくれた時間」について感想を書きました。

 

⇒以前に書いた「天使のくれた時間」の感想文

 

それなのに、今回見直してみて、ストーリーさえもほとんど忘れていたのには本当にビックリしたのです。

 

良い映画は、絶対にあらすじを失念することはどないはずなのに…。

 

それはともかく、今回改めて鑑賞しなおしてみて、体の隅々にまで感動が行き渡ってゆく、沁み広がってゆくという、初めての経験をすることができました。

 

本当に素晴らしい。つきなみだけど、この映画が逢えて本当に良かった。

「天使のくれた時間」は、2000年に製作されたアメリカ映画。

 

ブレット・ラトナー監督が、名画中の名画である『素晴らしき哉、人生!』のオマージュとして「もしあの時、違う道を選んでいたら?」をテーマに描いたファンタジー映画です。

 

主演はニコラス・ケイジティア・レオーニ

 

この映画は、年代的には何歳ぐらいで見ると一番感動できるだろうか、とふと思ったのです。

 

たぶん、中年を過ぎてからの方がより実感が湧くでしょうね。

 

でも、若い恋人同士が見て、別れないで結婚しちゃおうと思ったら、それはそれで素晴らしい。

 

ストーリーをほとんど忘れていたおかげで、十二分に楽しめました。

 

最後に一言、「これが映画です」。

(Visited 7 times, 1 visits today)