風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

間違えやすい日本語をまとめました。


当ブログ「美しい言葉」で取り上げた「間違えやすい日本語」に関する記事をまとめてみました。

「姑息(こそく)」の意味を、71%の人が「ひきょうな」という意味に誤用

「世論」の正しい読み方と使い方は?

間違いやすい漢字を正確に使い分ける

間違いやすい慣用句・用語

間違いやすい漢字

「綺羅星の如し」は「きら、ほしのごとし」が正しい?

「消息を断つ」「乗るか反るか」は間違い?

「真面目」の読み方は?

読みにくい慣用句の漢字

間違いやすい四字熟語の漢字

「取り付く暇もない」は間違いで「取り付く島もない」が正しい?

「熱にうなされる」は間違いで「熱にうかされる」が正しい?

「にやける」誤用は77%(国語に関する世論調査2011)

若者言葉トップ3は「ハンパない」「真逆」「まったりする」

「的を得る」は間違いで「的を射る」が正しい?

「気持ちがほっこりする」が日本語として定着(国語に関する世論調査2012)

「怒り心頭に達する」は間違いで「怒り心頭に発する」が正しい?

「間髪を容れず」の読み方は?

「やおら」と「やにわに」の使い方を間違えていませんか?

「自信なげ」と「自信なさげ」は、どちかが正しい?

「生かしていただいている」と「生きさせていただいている」、どちらが正しい?

「底を尽く」と「底を突く」は、どちらが正しい?

「出る釘は打たれる」は間違いで「出る杭は打たれる」が正しい?

「優秀の美」は間違いで「有終の美」が正しい?

「新規巻き直し」と「新規蒔き直し」はどちらが正しい?


「顔から火が出る」と「目から火が出る」の違いは?

「ごはさんにする」は「ご破産」ではなく「ご破算」と書く?

「あいまいな言い方をする」という意味の慣用句は「口を濁す」ではなく「言葉を濁す」と書く?

「体を成す」の「体」の正しい読み方は「てい」か「たい」か。

「奇しくも」の正しい読み方は?

「すべからく」の使い方には要注意。

「他言無用」の正しい読みは「たげんむよう」「たごんむよう」のどちら?

「会の主旨に賛同する」は間違いで「会の趣旨に賛同する」が正しい?

「老骨に鞭打つ」の使い方を間違えると危険です。

「一生懸命」は間違いで「一所懸命」が正しい?

「おっとり刀」という慣用句の使い方を間違えていませんか?

「金の草鞋」を「きんのわらじ」と読むのは間違いで「かねのわらじ」が正しい?

「順風満帆」は「じゅんぷうまんぽ」と読むのは間違いで「じゅんぷうまんぱん」が正しい?

「物議を呼ぶ」は間違いで「物議を醸す」が正しい?

「汚名を晴らす」は間違いで「汚名をそそぐ」が正しい?

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ